万が一の水のトラブルに備える

万が一の水のトラブルに備える 水のトラブルは住居内で意外と簡単に起こります。これまで水回りでトラブルを経験したことがない人は、あまりピンと来ないということも多いのではないでしょうか。経験したことがないからこそ、排水溝が詰まったり、水が溢れてしまったりするとパニックになってしまいます。そこでここでは万が一に備えてトラブルが起こってもパニックにならないように水のトラブルについて紹介をします。



■水道の元栓を閉めれば、とりあえず水を止めることができる

水が溢れて収集がつかないという時に覚えておきたいのが水の止め方です。水が溢れているとそれだけで焦ってしまうので、なかなか落ち着くことができずあたふたしてしまう人が多いものですが、キッチンや洗面所、トイレやお風呂場などにはそれぞれに元栓があります。住宅の外には大元の水道の元栓があるのでそれを締めることで家中の水道を止めることができますが、こうなると問題のないところの水栓も使えなくなってしまいます。特に集合住宅の場合はなかなか水道の元栓を把握できないこともありますし、元栓は他の部屋のものも一緒に並んでいるので操作することができない場合も考えられます。そこでそれぞれについている元栓を万が一に備えて確認することで、冷静に対処することができるようになります。水のトラブルを解決している業者の中には悪質な業者も存在しており、こういった業者は消費者のパニックにつけ込んで高額な費用請求などをしてくる可能性もあるので、まずは落ち着いて冷静に対処することが何よりも大切です。冷静に対処することができれば被害も最小限に食い止めることができます。

■業者を探す時は水道局に問い合わせる
水道局は清潔な水を各家庭に給水したり、排水を取り込む下水道の管理などを行ったりしていますが、実は水のトラブルが起こった際も対応してもらうことができます。水道局の人が直接修理に来るというわけではありませんが、水道局が指定する工事事業者を紹介してもらうことができます。上水や下水はライフラインであり、個人の住宅内の修理であっても作業が適正に行われないと周辺の住民にも影響が及んでしまうことから、細心の注意を祓う必要がありますし、技術や知識も必要です。消費者が適切な業者に修理を依頼することができるように水道局では指定事業者を紹介しており、電話でなくても水道局のホームページでも業者を確認することができます。万が一に備えてチェックしておくとよいでしょう。

■トラブル防止を意識しよう

水が漏れる、排水溝や排水管が詰まるというトラブルは未然に防ぐことができます。定期的にチェックをして予兆などがないか調べることでトラブルが起こる前に部品を交換したり、ネジを締め直したりすることができますし、詰まりもラバーカップなどを使用してこまめに取り除いておくと完全に詰まってしまうのを防ぐことができるので安心です。例えば台所のシンクの詰まりは定期的にタオルとお湯を使ってメンテナンスをしてみましょう。シンクの排水溝や排水管は普段から注意していても食べかすや油汚れなどがつきやすく、蓄積することで水の流れが悪くなり、最悪の場合には詰まって汚水が逆流したり、悪臭を放ったりするようになってしまいます。タオルを排水溝に詰めたら50度から80度程度のお湯をシンクにためて、一気にタオルを引き抜きます。これだけで初期から中期の詰まりであれば解消することができます。ただし、油汚れなどをきれいにするために熱湯を使用する人がいますが、シンクや排水溝、排管を破損させてしまう可能性があるのでお湯の温度には注意が必要です。

■まとめ
水のトラブルが起こるとパニックになりがちですが、緊急の場合の水の止め方や業者に依頼する際のポイントを押さえておくことで冷静に対処することができますし、普段から定期的にチェックやメンテナンスをしておくことで重度のトラブルを防ぐこともできます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース